コロリーの基本情報

決定版!コロリーの解約・キャンセルまとめ

更新日:

コロリーを解約したいけど、手続きやかかる手数料がわからない…コロリーで脱毛を始めたいけど、万一辞めたくなったらどうなるの?そんな方のために、コロリーの解約方法についてまとめました。

 

コロリーの解約の手順

まずご紹介するのは、コロリーの解約の手順!

コロリーでは3つの手順で簡単に解約をすることができます。

 

1.電話もしくは店頭で解約を申し出る

店舗かコールセンターに電話し、解約の申し込みをします。

連絡の取れやすいコールセンターでお申し込みをするのがおすすめです。

ここで解約の意思を伝え、店舗で解約の手続きをするための予約を取ります。

コロリーフリーダイヤル
0120-088-204(受付時間:12時~21時)

 

 

2.サロンで解約手続き

サロンで解約手続きを行います。

基本はサロンで解約の手続きをし、返金の説明などを受けますが、引越しなどの都合上どうしても来店が難しければ、郵送でも手続きはできるようです。

<解約時の持ち物>
・会員カード
・返金してほしい講座の通帳
・銀行印
・クレジットカード(カードで支払いをした人)

 

実際に行う手続きはこれだけ!簡単ですよね☆(o^^o)

 

3.返金

 

契約回数と残回数に応じて返金がされます。返金が完了するまでに2〜3週間かかります。

コロリーの解約に手数料はかかるの?

コロリーの脱毛の解約時は、手数料はかかりません。

他のほとんどのサロンが手数料や違約金がかかってくる中、そういった料金が一切かからないのはとってもうれしいですね!

そして、契約の金額、回数と残回数に応じて返金額が決まります。

 

下の例で計算してみます。

コース名 コース総額 申し込み回数 消費回数 残回数
46部位コース 342,000円 12回 10回 2回

 

この場合、

342,000円÷12回×2=57,000円

未消化分の料金、57,000円が返金される仕組みになっています!

返金額=コース総額÷申し込み回数×残回数

 

この式で簡単に計算することができますよ(o^^o)

 

コロリーの解約をする前に

ここまで、コロリーの解約の方法を見てきました。でも、コロリーの解約を考えている人は、ちょっと待って!!その解約、必要ないかもしれません。

妊娠・出産で通うことができなくなった

 

まずご紹介したいのは、「妊娠が発覚したから、脱毛に通うことができなくなった!」という方。

 

たしかに、コロリーでは
妊娠・授乳中の方には
脱毛施術をすることができません。

 

でも、大丈夫!解約する必要はないんです。

というのも、コロリーは、「通う期限がない」から。

コロリーの契約は、無期限の契約。

他のサロンのように、「○年以内に消化しきらなくてはならない」ということはありません。

なので、今は出産と育児に専念し、ある程度落ち着いた頃に通えばOKです◎

せっかく申し込んだ脱毛、解約してしまったらもったいない!

消化期間のないコロリーなら、安心して出産に専念できますね(*^^*)

転勤などで店舗に通うことができなくなった

次に、転勤など引越しをすることになって、店舗に通えなくなってしまった方。

 

 

これは、「店舗移動」をすればOKです!

 

コロリーでは、手続きをすれば通っている店舗を別のところに変えることができます。

今の店舗に通えなくなってしまうからといって、必ずしも解約をする必要はないんですね!

まずは、引越し先の近くにコロリーがあるか?公式ページから検索してみてください☆(o^^o)

 

まとめ

コロリーの解約の方法、お分かりいただけましたか?

 

 

いざというときにも安心!

 

解約の手続きもしっかりとしているコロリーなら、大きな金額を任せる全身脱毛も、安心してお願いできそうですね♪(*^^*)

-コロリーの基本情報

Copyright© コロリーは悪い口コミが多い?!実際にネット予約して脱毛効果を比較してみた , 2018 All Rights Reserved.